iNBAX -インベイックス-

耐震性能の等級ってなに?

Posted on Posted in Columns

この数十年のうちに阪神、東北、熊本と大きな地震があり、地震大国の日本に暮らす私たちは今後いつまたこのような地震が来るのだろうかと不安が消えることはありません。
地震そのものを避けることは難しいですが、住宅を購入するにあたって「地震に対する備え」の方法はいくつか考えられると思います。
思いつくのは地震保険ですが、まずその前に建物自体を地震に強く、損傷倒壊の被害を最小限に逃れるべく、最善の方法を尽くしておく方法があります。

その方法は、「耐震」「制震」「免震」があり、今回はその中の「耐震」についてお話ししたいと思います。

「耐震」とは、文字通り地震に耐えることで、地震に対して破壊、損傷を防ぐことをいいます。
壁や柱、梁を頑丈にしたり、筋交いを入れたり、補強材を入れて建物を硬くし建物そのものを丈夫にします。

耐震等級とは、1〜3級があり建物がどのくらいの地震に耐えられるのかを示す等級です。

耐震等級1というのは、極めて稀に発生する地震でも(数百年に一度)倒壊しない程度の耐震性です。
建築基準法をクリアしている強さで、阪神大震災(震度6強)の地震でも倒壊しないことと定められていて、
通常の建物はこの耐震等級1です。

学校や病院、役所や公民館などの公共性の高い建物が耐震等級2で、これは建築基準法の1,25倍にあたります。
普通の地震では大きな損傷はなく、大震災では倒壊しない程度の損傷が発生する程度を指しており、壁だけでなく屋根や床の強さも検討されています。

インベイックスでは強靭な構造体を採用することで、国で定められた最高等級『耐震等級3』で建築基準法の1.5倍の耐震性を確保しており、それは消防署や警察署などの防災拠点となる建物と同等の基準になります。
いかに地震に耐える力が強い、安心安全な建物だということがわかりますね。

そして、住宅取得資金等に係る贈与税の非課税限度額加算の対象で、地震保険、保険料割引の対象のにもなるのです。
(贈与税に関しては耐震等級2から控除の対象となり、地震保険に関しては等級に応じて割引率の違いがあります。)

住まいも安心、家族も安心。
インベイックスでは、地震に最も強い最も心丈夫な住まいを形にします。
インベイックスの建物は標準仕様で国で定められた最高等級の『耐震等級3』を採用しています。

図面
こういった、広い空間があっても、インベイックスの建物は【耐震等級3】を取得しています。

今ならメール会員入会でプレゼント! logo_club

賢く物件探しができる
WEB情報サービス

btn-more

LINEでお問い合わせ